こんにちは。
本日は、公休日でございまして、日頃できない用事をしております。

さて、昨日は、全くのプライベートでこちらの2次審査会に参加しておりました。

P1050879_20131202074523c1e.jpg

募集時のチラシはこちらです。

img_987184_33641371_0.jpg
いつも仲良くして頂いてる安芸市のスープカレーのお店シェヌーの安岡さんに「足達さん、こんなコンテストがあるけどお料理好きやき、応募してみない?」とお声をかけて頂いて・・・
応募好きの私としては、面白そうだし、こんなコンテスト香南市でもやってみたいし、とにかく私のモットー「応募することに意義がある!!」勢いで応募。
メニューは、数年前から娘に作り好評だったモノにしました。

P1050882.jpg

書類での1次審査を通過していたので、この日は決勝ということになります。
89点の応募があったそうです。
2次で9点に絞られています。

私は「枯れ木も山のにぎわい」な気分で応募したのに9点の中に選ばれただけでも感激です。

P1050884.jpg

高校生も2人いらっしゃって、しかもひとりは、香南市夜須町ですいかを作られている方のお嬢様でした。

P1050885.jpg

その高校生の作られた「ナスとシイラのミルフィーユフライ~さわやかトマトソース添え~」です。
茄子にしいらのすりみがサンドされているフライです。
私も食べさせてもらいましたが、とっても美味しかったです。

P1050886.jpg

調理が終わると、別室で審査員様たちが食べて審査してくれています。
その間に、参加者の皆様で集まり、自己紹介と自分の料理の説明をしました。

東京から参加されたご夫婦もいらっしゃって、高知が好きで、安芸が好きで、1度来てからファンになり、このコンテストもお友達のFBで知り応募したと言われていました。
なんだか、私のような観光関係者が聞くと、涙が出そうなお話です。

私のことも・・・香南市の観光だけに力入れてりゃいいんだ。と思われる方もいるかと思います。・・・ですが、まずは高知に来てくれないと香南市も、安芸市も知ってもらえないと思います。
高知に降り立ったお客様が、どうすれば東部に足を向けてもらえるか?それを考えて、私達は観光発信をしなければなりません。
来年は「東部博」(仮称)が開催されます。
なんとか沢山のお客様を動員せねばいけません。
安芸市、室戸市にお客様が向かうのなら、香南市にも立ち寄っていただきたいものです。
それに「美味しいモノ」はかかせません。
こういうグルメはもっともっと盛り上がりたいものです。
香南市ももっと特産品を使ったご当地グルメを開発せねば!!と思っています。

・・・あ~~~久し振りに話が長くなりました(^^ゞ

P1050894.jpg

・・・で審査結果が出たそうなので、別室に皆呼ばれます。
こうして、順番に審査員の皆様に、自分の自己紹介とお料理の説明をします。

P1050890.jpg

上は東京からご参加の方の「チリメンのスパゲッティと安芸ベジ・スターズ」です。
こちらもサッパリして美味しかったです。
安芸が好きでないと作れないですね。

P1050891.jpg

こちらは男子高校生の「ロッソサルサ」というお料理。
説明によると、更にタバスコをかけて辛~くして食べるのだそうです。
若いヒトならではの発想でイイですね。

P1050892.jpg

「ナスとトマトの餃子・バジルソース添え」です。
なんとっこれを作られたのは「妙山寺」(安芸市)の副住職です。

P1050895_201312020746227b4.jpg

こちらの真ん中のお若い男性が副住職の北さんです。
うちの夫の家は「妙山寺」の檀家ですので、本当に驚きました。まさか、いつも袈裟を着てお経をあげている副住職がお料理コンテストに応募してたなんて・・・(笑)

P1050889.jpg

上は、「骨太団子」です。
いろいろなアレンジができて、冷凍保存してお弁当にも使えるなど、ベテラン主婦の(大先輩)アイデアです。素晴らしいです。

いよいよ発表です。

特別賞~優秀賞まで4点発表されます。

じゃじゃじゃ~~~~~~んなんて音楽はありません(笑)

・・・で結果は。。。
1位 なすジロー丼じゃこ
2位 夏野菜のっけ丼
3位 ナスのジャコ天タタキ
特別賞 チリメンのスパゲッティと安芸ベジ・スターズ  となりました。

ワタクシ、1位になってしまいました。
嬉しいじゃこ~~~~~~~

2位の「夏野菜のっけ丼」はこちらです。

img_987184_33641371_1.jpg

3位の「ナスのジャコ天タタキ」はこちらです。

img_987184_33641371_6.jpg

4位の方は、上の東京からの応募の方です。

私の「なすジロー丼じゃこ」はコチラです。

P1050888.jpg

ごはんに、茄子のこってり炒めを乗せて、ちりめんじゃこを散らし、青シソと茗荷をトッピング。
そして最後に半熟の「土佐ジロー」を乗せて出来上がりです。
調理に時間がかからず、冷めても美味しいし、材料が年中手に入るのがポイントです。
(茗荷無くてもOK)今の時期高いのでね。

家では、ずっと以前から娘に作り、好評のメニューです。

P1050900.jpg

安芸商工会議所女性会・山本会長より、賞状を頂きました。
なんだかまさかの結果に涙が出そうでした。

P1050904_2013120207473643c.jpg

審査員のフードコーディネーターの大原先生にちょこっと褒めて頂いたのがなにより嬉しかったです。

P1050905_20131202074735bd8.jpg

審査員の先生はプロの料理人なので本当に緊張極まりなかったです。

RKC調理師学校の三谷校長です。
会場でお会いした時、「あら足達さんも審査員?」と言われて笑ってしまいました(^^ゞ
審査員様は、お料理の試食の時は、参加者名はわからないのだそうです。

P1050906_201312020747346f2.jpg

スルラクセの巧シェフまで審査員なのです(*_*;

P1050908.jpg

なんたって安芸市長も~~~。

そして驚くことに、尾崎知事の奥様まで。。。緊張~緊張でした。

P1050907.jpg

P1050914.jpg

最後に、参加の皆様、審査員、一般審査員の皆様と記念写真です。
私のお料理史上←(笑)、嬉しい出来事でした。

関係者の皆様、参加できただけでも楽しかったのに、このような素晴らしい賞まで頂き、本当にありがとうございました。

いつもありがとうございます!
h06.gif
ポチるん ←ここ よろしくです。