四万十女子旅Part1

こんにちは。
今日のブログは、昨日今日と1泊2日で娘と行った「四万十女子旅」の様子をお送りします。

まず、朝8時に家(野市町)を出発~
四万十で屋形船に乗るので、四万十市の「アカメ館」をカーナビに入れて向かいます。

しかし、娘がお腹が空いた~と言うので、「あぐり窪川」に寄り道。
「あぐり窪川」の中のカフェでモーニングします。

P1060575_20131223153511be1.jpg

モーニングはどれでも¥500とリーズナブルです。
娘は上の「おにぎりモーニング」です。
仁井田米が美味しいと言ってます。

私は、「しいらフライバーガー」にしました。

P1060574.jpg  P1060573_20131223153506412.jpg

なかなか美味しかったです。
龍馬パスポートも捺印してもらい、出発!!

龍馬パスポート←いろんなサービスが受けられるので皆様もいかがですか?

P1060617_20131223153732a25.jpg

はいっ!!四万十川~。カーナビって改めて便利!!こんな方向音痴の私もちゃんと連れてきてくれます。

P1060616_20131223153704405.jpg

「アカメ館」に到着!!
遊覧屋形船に乗ります!!

娘も私も、人生初屋形船です。

P1060610_20131223153701a3d.jpg

中はこんな感じです。
今回は、男性4人、私と娘の6人です。
※他の船は大型バスのお客様で満員です。4台もバスが来られてました。

P1060587_20131223153559e17.jpg

1時間の四万十川クルーズですよ~。さぁ出発。

P1060612_20131223153703fff.jpg

メチャ興味津々。

今日の船頭さんがいろんな説明をしてくれます。これがジョーク混じりなのでメチャ面白いのです。(下の方が面白い船頭さん)

P1060581.jpg

漁師さんの伝統の漁法を説明してくれます。
まずは、「柴漬漁」
★椎の木などの枝を束ねた物(柴)を、一晩川に沈めます。
そして、夜の間に枝の中に潜んでいたウナギやエビを、翌日椎の束ごとタモ網ですくいとる漁法です。

P1060592.jpg

P1060594_20131223153632524.jpg

カニが獲れてます!!こうして船を近づけて見せてもらえます。
上の漁師さんは最年長の岸さんです。

次は「投網漁」です。

★小船の舳先から十畳ほどもある網を投げ、丸く広がった網で魚を捕まえます。
広い網を投げるのは至難の業で、大きく反動をつけるため後ろでぐるりと一回転させる「土佐打ち」という四万十独特のダイナミックな打ち方が特徴です。
ちなみにこちらの漁師さんはマットくんです。←漁師さんの名前やあだ名まで船頭さんが教えてくれます。

P1060603_20131223153635b55.jpg

こうしてこうして。。。

P1060604_20131223153636943.jpg

投げる~~~~~

P1060605_2013122315363741a.jpg

P1060606_20131223153658ba3.jpg

そして引き上げる~~~のですが、この時期水中の温度が低すぎてあまり獲れないそうです。
残念。でも屋形船のお客様の為に見せてくれている漁師さんに感謝です。

P1060607_20131223153700f01.jpg

マット君は、女性がお好きだそうで、船で近寄った時に娘と私にだけお菓子をくれました(^O^)
漁師さんも皆さん愛想が良くてとっても優しい方ばかりです。

P1060582.jpg

こうしてお弁当も食べられるんですよ。
お食事←お食事の詳細はこちらです。
私と娘のお弁当はこちらです。

P1060583_20131223153558e14.jpg  P1060584_20131223153558da1.jpg

鰻食べたの2年ぶりくらいでしょうか(笑)
娘も私も感動(T_T)美味しい~~。

お弁当も美味しかったし、四万十川の遊覧屋形船、本当に楽しかったです。
娘は、また乗りたいと言ってました。
最初は、「お母さん、船、揺れない?」「船酔いしない?」とえらく心配してましたが、全く揺れない船に感激してました。

P1060579.jpg

アカメ館には水槽に「アカメ」も泳いでました。
やはり四万十川は最高でした。

そして、今度は今日のお宿に向かいます。

P1060618.jpg

ホテルの近くはこんな感じでして、なかなかの高台です。

P1060667.jpg

こちらの公園の中に建っているお宿です。

P1060669.jpg

通称くまさんの「日時計」が素晴らしいです。

P1060665.jpg

こんな景色を見ながら高台を登って行くと「四万十いやしの里」に」到着です。
四万十いやしの里は、自然と人にやさしい建築資材を使って建てたホッとなごめる空間です。
自然食材の食事や温泉などさまざまないやしのメニューが心ゆくまで堪能できます。
中医学研究所では、中医学に基づく漢方治療・鍼灸施術(中医クリニック・中医鍼灸院)と中医学の研究・教育機能を備えています。
エコロジーホテル四万十の宿は、リゾートタイプでは日本初のエコロジーホテルです。(公園HPより抜粋)
四万十の宿←詳細はこちらです。

P1060624.jpg

中庭を囲むようにお部屋が30部屋あります。

P1060619.jpg

私達のお部屋は、天海と言うお部屋で、こんな風に和風モダンな感じです。
ツインベッドのお部屋です。
もう娘は寛いでいます。

P1060622.jpg

可愛い浴衣に、女性用のアメニティにはパックや洗顔や化粧落としまで入っています。
そして「足袋ソックス」がイイです!!

早速、温泉に行きます。

P1060625.jpg

お湯は、温泉、薬湯、海水露天風呂の3種類の湯を楽しめます。
今日は(22日)冬至なので、柚子風呂が楽しめました。
地元の方にも大変人気の温泉らしく、沢山の方が入られていました。
海水の露天風呂は、老廃物の排出効果があるようです。

とってお気持ち良い温泉でした。

さて、夕食まで時間があるので、談話室でのんびりしようと行ってみました。

P1060627.jpg

P1060629.jpg P1060631_2013122315380336c.jpg
P1060633.jpg P1060630_20131223153833d0e.jpg

陽が心地よく入り、暖かくてノンビリできる空間です。
センス良い飾りが施されています。

P1060628_201312231643111c3.jpg


P1060634_20131223153859b4e.jpg

ここでこうして本を読みます。
今度はお気に入りの本も持ってきて読みたいと思います。

さて、あまりにも長編なので、明日は「食事編」を続けて書きたいと思いますので、今日はここまでです。
最後まで読んでくださってありがとうございます。
明日もお楽しみに。

いつもありがとうございます!
h06.gif
ポチるん ←ここ よろしくです。
テーマ: 美味しかった♪ | ジャンル: グルメ