香川女子旅珍道中・前篇

こんにちは。
とても久し振りのブログになり申し訳ございませんでした。

今日、実は香川から帰ってきたのですが、友人3人と香川女子旅珍道中(2泊3日)に行っておりました。
今日は、そのことを書きたいと思います。

かれこれ30年来の友人ですが、こうして3人だけで旅するのは初めてです。
最初は、韓国旅行に~と話していましたが、なかなかうまくスケジュールが合わず、やはり近場でということになり、今回は小豆島~高松市の2泊3日の旅となりました。

DSC03017.jpg

メンバーは、いくりん(高知市鷹匠町の「草や」の奥さん)とチサちゃん(高知市内でお店経営)と私の3人です。
8:30出発~いくりんの運転で、高松港までまっしぐらにドライブです。

小豆島に向かうフェリーの時間まで1時間もあったので、JRホテルクレメント高松のカフェで生ビールを頂きます。
他の2人は、ケーキセットです。私はもう咽喉がカラカラなので呑ませて頂きました。

DSC03098.jpg

この「内海フェリー」で約1時間の船旅です。
今回は、草壁港に着くやつです。
・・・で草壁港に到着し、お昼ご飯を食べに向かいます。
草壁港からほんの5分くらいのところにある、「なかぶ庵」さんです。

DSC03022-001.jpg

生素麺で超有名なお店 なかぶ庵です。

DSC03025.jpg

なかぶ庵さんでは素麺のはし分け体験ができます。

DSC03024.jpg

生素麺の大盛りを頂きます。700円です。

DSC03023.jpg

オリーブオイルの試食も出してくれました。
めっちゃクセのない美しいオイルです。

DSC03026.jpg

DSC03094.jpg

※なんと、帰る日もまた来て「生オリーブ麺」を頂きました。帰る日はご主人のご厚意で30分早く開けてもらいました。

そして、お次はマルキン醤油記念館に行きました。
入場料は、210円かかりますが、チケットと一緒に150ml入のデラックスこいくち醤油を頂けるのでお得です。

DSC03028.jpg

DSC03029.jpg

建物がめっちゃレトロで蔦もからまりなかなか素敵です。

DSC03034.jpg

記念館の中は写真OKなので・・・
ちょっと撮ってみました。

DSC03037.jpg

昔からの製法や珍しい機械?道具が紹介されてます。

DSC03041.jpg

そして、記念館でて「醤油ソフトクリーム」250円を頂きました。

DSC03031.jpg

キャラメルのような味わいでした。美味しいですよ。

たる娘

本日のイケてる写真を紹介!!
醤油樽娘です(^_^;)これに皆で大ウケです。皆さまも来られたらここで是非記念写真を撮ってね。

※今回、来る前に小豆島観光協会の方にパンフや地図などいろいろ送って頂いてたなかにクーポンも入れてくれていたので、入場料やソフトクリームの割引券が入っていてお得に利用できました。

そして、お次に向かったのは、島唯一の酒蔵森國酒造です。
築70年の佃煮工場をリノベーションしているそうで、とっても素敵な建物です。

DSC03043.jpg

中に入ると、1階はカフェ&店舗になっていて、2階は酒蔵ギャラリーになっています。

DSC03048.jpg

DSC03047.jpg

いくりんもチサちゃんもお酒を購入していました。
私は、どうしても高知のお酒が好きなので買いませんでした!(^^)!

そして、佃煮屋さんに行き、佃煮を大人買いして・・・
そろそろ今夜のお宿に向かいます。

DSC03054.jpg

上の海岸横の道の駅によると、この中に小豆島観光協会さんが入っていたので、パンフレットの御礼を言ってきました。

DSC03058.jpg

ペンションは、オリーブ公園のすぐ近くなので、先に公園に寄りました。

DSC03059.jpg

公園からの眺めは素晴らしく、オリーブの木の合間から海を行きかう船が見えると言う素敵な光景です。

DSC03063.jpg

本日のお宿は、こちらペンション バァンキャトル・ウさんです。

DSC03061.jpg

もちろん、コテージからも海が見えてウグイスが鳴いていて静かな雰囲気です。

ここで一休みして、これから本日のメインイベントです。
イタリアンのディナーでございます。

ペンションで、タクシーを呼んでもらって、車で10分ほどの高台にあるレストランに向かいます。

DSC03064_20150427153824116.jpg

はい、到着です。

DSC03065.jpg

リストランテ フリュウさんでございます。
以前から雑誌なので拝見していて、小豆島に行ったら絶対に行きたい、いやわざわざこちらに食べに小豆島に行きたい!!と思っていたので夢が叶い感激です。

DSC03068.jpg

お店は、結構急な坂を上がって行った先にあり、お席からは海が見えて本当に素敵です。
南イタリアをイメージされているそうです。

DSC03067.jpg

私達3人、1歳ずつ年が違うのですが、私が一番年上で24歳です(爆)嘘です(笑)

DSC03083.jpg

右のいくりんは、私より2歳年下です。

DSC03069.jpg

本日は、5400円のコースを予約しております。
まずは、白ワインで乾杯。もちろんボトルで注文です。

DSC03070.jpg

いちいち、素敵です。サービスの女性もとても可愛い方です。

DSC03072.jpg

まずは、前菜です。
一昨日のことなのに、メニューの中身を覚えていません。やはりトシです(汗)

DSC03074.jpg

「鯛のラビオリのスープ」です。←覚えてた!!奇跡です(^O^)/

DSC03073.jpg

自家製のパン。めっちゃ美味しいのでオカワリしたことです。

DSC03077.jpg

パスタは、手打ち麺の筍とイイダコ?のパスタです。
このパスタ、白ワインに合って、さっぱりした中に旨みがあり最高の美味しさです。

DSC03078.jpg

メインはお魚料理とお肉料理が選べるのですが、全員お肉にしました。
「オリーブ牛のソテー」?グリル?です。
オリーブ牛の美味しさの秘密はオリーブに豊富に含まれる「オレイン酸」と「抗酸化成分」だそうでして、コクがあり、さっぱりしていて柔らかいです。もう最高です。

DSC03080.jpg

ここからは、もちろんのこと赤ワインです。

フリュウ

とっても素敵な雰囲気とお料理の美味しさに女子3人の話もはずみます。

DSC03082.jpg

で、デザートは、「アスパラガスのアイス」「パルミジャーノのケーキ」「チョコの・・・」です。
とにかく、この3種盛、大好きな味で、このパルミジャーノのケーキが赤ワインに合って、最後までワインとお料理を楽しませて頂きました。

DSC03084.jpg

最後にカプチーノを頂きました。
このコース、リーズナブルなのに充実の美味しさで大満足でした。
ワインも注文しやすいお値段だなと思います。

帰るときは、満席にもかかわらず、渋谷シェフがお見送りに出てきて下さり、記念写真まで撮っていただきました。

DSC03090.jpg

高知からは少し遠いけど、また食べに来たくなる本当に美味しくて素敵なお料理でした。
3人とも大満足で、私も嬉しかったです。

少し長くなりましたので、明日の高松市の報告は後編として続きます。
またご覧くださいね。

いつもありがとうございます!
h06.gif
ポチるん ←ここ よろしくです!!